メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

「米全域射程」 ICBM、飛距離最大1万キロか

 北朝鮮は29日、朝鮮中央通信を通じ、28日夜に大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」の2回目の発射実験を実施し、成功したと表明した。高度3724.9キロに達し、47分12秒の間に998キロ飛行したとした。朝鮮中央テレビは、ミサイル発射時の映像を放送した。専門家らはミサイルの最大飛距離は、米本土の多くを含む1万キロに達するとの見方を示しており、日米韓3カ国は警戒を強めている。

 中央通信によると金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は現地で「米本土全域がわれわれの射程圏内…

この記事は有料記事です。

残り741文字(全文982文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  2. 雑居ビルで爆発 42人負傷 ガス爆発の可能性も 札幌市
  3. 札幌の飲食店付近で爆発 けが人10人以上か 札幌市
  4. 札幌飲食店付近で爆発 店「跡形もなく」 消防員近づかないよう呼びかけ
  5. 爆発 マンション駐車場で車大破 1人けが 大阪・東淀川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです