メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベネズエラ

制憲議会選きょう強行 国際社会が懸念

記者会見で投票日のデモを呼びかける野党指導者のカプリレス・ミランダ州知事=カラカスで2017年7月28日、朴鐘珠撮影

 【カラカス朴鐘珠】南米ベネズエラで憲法を改正するための制憲議会選挙(定数545)は、30日投開票される。反米左派のマドゥロ大統領は、国会で多数を占める野党連合や国際社会の反対を押し切る形で選挙を強行する構え。米国など国際社会は野党を弾圧する中での選挙実施に懸念を示している。

 マドゥロ氏は28日、テレビ演説で「野党連合は敗者。票で罰を与えよう」と国民に投票を呼びかけた。

 米国のペンス副大統領は28日、政治犯として自宅軟禁中の野党・大衆意志党のレオポルド・ロペス党首に電…

この記事は有料記事です。

残り548文字(全文784文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  3. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  4. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  5. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです