メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「考古学」を歩く

カイロ遺跡探訪/1 太古の英知、守る 観光復活目指し修復

ツタンカーメン王の「木製のベッド」の保存・修復作業にあたる岡田靖さん=カイロで2017年3月

 エジプトの首都カイロにある考古学博物館の一角で、1人の日本人が老朽化した遺物の保存・修復作業にあたっていた。木製彫刻保存修復家の岡田靖さん(42)=名古屋市=だ。黄金のマスクで有名なツタンカーメン王(紀元前14世紀)の木製ベッド表面の金箔(きんぱく)部分に和紙を張り、「応急処置」をしている。

 「乾燥したエジプトでは数千年前の木製出土品も良好な状態です。歴史的背景や芸術的意味合いなどを考え、直しすぎないのも重要です」。東京芸大で彫刻と保存修復を学んだ岡田さんは、イタリアでの研究生活などを経て、出土品の保存・修復を支援する国際協力機構(JICA)の活動に専門家として参加、日本とエジプトを往復する。

 エジプトは観光大国だが、2011年の民主化要求運動「アラブの春」以降の政治混乱やテロ頻発の影響で、…

この記事は有料記事です。

残り460文字(全文811文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ローマ・カトリック教会 前田大司教を枢機卿に任命
  2. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
  3. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  4. NHK杯体操 男子個人総合 内村が10連覇
  5. 旧優生保護法 強制不妊、妻に言えず 提訴の男性「人生返して」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]