メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベネズエラ

制憲議会選、投票開始 首都で衝突も

カラカス南部の運動公園に設けられた投票所で列をつくる市民=ベネズエラの首都カラカスで7月30日午前6時8分、朴鐘珠撮影

 【カラカス朴鐘珠】反政府デモが続くベネズエラで、憲法改正の草案作りを担う制憲議会選挙(定数545)の投票が30日午前6時(日本時間同日午後7時)、始まった。午後6時に締め切られ、即日開票される。野党連合は、制憲議会の設置がマドゥロ大統領の独裁強化につながると抗議して不参加。国際社会も反対する中、約5500人の候補者は全員が与党派という異例の事態となった。

 投票開始後、首都カラカス市内数カ所でデモ隊と治安部隊との衝突が起きた。デモ隊が銃撃されたとの情報も…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文514文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  2. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. 中日・松坂投手 右肩の炎症で開幕絶望
  5. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです