メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コンゴ民主共和国

PKO 平和「維持」から「強制」へ

任務、大きく変わり 武装勢力の掃討作戦を展開

 国連平和維持活動(PKO)協力法が成立し、自衛隊がカンボジアで初めてPKOに参加してから今年で四半世紀。PKOの任務は大きく変わった。アフリカ中部のコンゴ民主共和国ではPKOの戦闘部隊がジャングルの中で、武装勢力の掃討作戦を展開していた。平和の「維持」ではなく、武装勢力を武力で制圧する平和の「強制」を任務とする世界で唯一のPKO部隊だ。同行し過酷さを増すPKOの現状を追った。【コンゴ東部ベニで小泉大士】

 「ADF(民主同盟軍)のメンバーが潜んでいるのは、あそこだ」。PKO南アフリカ大隊のプライティス大…

この記事は有料記事です。

残り883文字(全文1159文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  3. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 大津中2自殺 いじめとの因果関係認定 元同級生側2人に賠償命じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです