メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「考古学」を歩く

カイロ遺跡探訪/2 昔も今もビール人気

ジョセル王のピラミッド近くにある墓室の壁画には、ワインの原料のブドウを摘む人々の姿が描かれている=エジプト北部サッカラで、篠田航一撮影

 イスラム教の聖典コーランは飲酒を戒める。だがイスラム教徒が多数のエジプトでは、イスラム化されるはるか昔の紀元前3000年ごろから、ビールが造られていた。

 現代エジプトでもビールは人気だ。人口の1割を占めるコプト教(キリスト教の一派)は酒を飲むし、こっそり「たしなむ」イスラム教徒もいる。人気銘柄の「サッカラ」はすっきりした味わいだ。

 名前の由来はカイロ近郊の村。紀元前2650年ごろに造られた「ジョセル王のピラミッド」がある。長方形…

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文797文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  4. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  5. 福岡4人水死 「離岸流」原因か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです