メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「考古学」を歩く

カイロ遺跡探訪/2 昔も今もビール人気

ジョセル王のピラミッド近くにある墓室の壁画には、ワインの原料のブドウを摘む人々の姿が描かれている=エジプト北部サッカラで、篠田航一撮影

 イスラム教の聖典コーランは飲酒を戒める。だがイスラム教徒が多数のエジプトでは、イスラム化されるはるか昔の紀元前3000年ごろから、ビールが造られていた。

 現代エジプトでもビールは人気だ。人口の1割を占めるコプト教(キリスト教の一派)は酒を飲むし、こっそり「たしなむ」イスラム教徒もいる。人気銘柄の「サッカラ」はすっきりした味わいだ。

 名前の由来はカイロ近郊の村。紀元前2650年ごろに造られた「ジョセル王のピラミッド」がある。長方形…

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文797文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 仙谷由人さん72歳=元衆院議員、元官房長官
  2. 特集ワイド 麻生氏続投にブーイング 責任取らない副総理兼財務相 発言に共感性なく デフレ対策でも「失格」の声
  3. 人生相談 「親切」と「洗脳」の違いって何=回答者・光浦靖子
  4. サッカー日本代表 南野先制 大迫は勝ち越し弾 
  5. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです