メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新本屋道

キラリの一店/1 誠光社(京都市上京区) 知・生活・街の小さな交差点

主の堀部さんの選書によるユニークな本が並ぶ

 人口の減少やネット書店の台頭などにより、この10年で2割以上の「街の書店」が消えたとされる。そんな中、独自のコンセプトで、新しい道を歩む本屋がある。キラリと光る全国の個性派店を訪ねた。

 JR京都駅前から若草色の市バスで河原町通りを北上すること約20分、河原町丸太町の交差点で降車し、道を一本入れば町家が建ち並ぶ。東に鴨川、西に京都御苑がすぐの一角は、観光客であふれる祇園や四条の騒々しさがうそのよう。昔からの京都が息づいている。

 落ち着いた路地に溶け込むように誠光社はある。店先には小ぶりな白い看板。木枠のガラス戸を開けると、町…

この記事は有料記事です。

残り1057文字(全文1322文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ
  3. ソウシハギ 猛毒の魚、販売した可能性 三重・大台の食品店
  4. 「自分に感情が無ければ…」父殺害の元少年、面前DVを告白
  5. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです