メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説を読み解く

平和賞の劉暁波氏死去=論説室専門編集委員・坂東賢治

普遍的価値拒む中国に憤り 毎日・高まる国民の権利意識/環球時報・国家の主流に対抗

 中国の民主活動家で、投獄中にノーベル平和賞を受けた劉暁波(りゅうぎょうは)氏が7月13日に61歳で死去したことは世界的に波紋を広げた。

 末期がんで治療を受けていることが公表されたのが6月下旬。釈放や出国容認を求める声が国際社会で高まったが、中国が応じることはなかった。劉氏の過酷な運命に対する哀悼の声と、中国への批判が高まったのは当然だろう。

 各国の主要紙が社説に取り上げた。1989年の天安門広場での民主化運動に加わり、弾圧下で中国の民主化…

この記事は有料記事です。

残り2355文字(全文2617文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. ボクシング 福岡連盟、山根氏一声で除名解除 「女性に暴力」処分監督
  4. はやぶさ2 「着陸成功に自信」 難敵リュウグウ「攻略法」はどう編み出したのか
  5. はやぶさ2 まもなく着陸「探査機すべて問題なし」JAXA最終判断

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです