メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野球

侍J、稲葉監督就任 東京五輪「金メダルだけ目指す」

日本野球協議会の熊崎勝彦会長(プロ野球コミッショナー・左)に帽子をかぶせてもらう稲葉篤紀新監督=東京都港区で2017年7月31日午後5時48分、竹内紀臣撮影

 2020年東京五輪に向けた野球日本代表「侍ジャパン」の新監督に、プロ野球のヤクルトや日本ハムで活躍した稲葉篤紀氏(44)が就任することが31日、発表された。稲葉氏は同日、東京都内で記者会見し「東京五輪は国を挙げての記念すべき大会で、(3大会ぶりに)野球が復活する重要な大会。金メダルだけを目指してやっていきたい」と抱負を語った。

 背番号は「80」。日本、台湾、韓国が参加し、11月に東京ドームで行われる「アジアプロ野球チャンピオ…

この記事は有料記事です。

残り839文字(全文1054文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  2. 質問なるほドリ NHK受信料、支払いは義務? テレビ設置日から 最高裁が初判断=回答・伊藤直孝
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. NHK受信料 憲法判断 契約成立時期なども あす最高裁判決
  5. 宮城県警 交番で警官刺され死亡、男撃たれ死亡 仙台

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです