メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「考古学」を歩く

カイロ遺跡探訪/3 数学センス、時超えて

途中から傾斜がなぜか緩くなる「屈折のピラミッド」。角度が急に変わった「謎」を探るのも楽しい=エジプト北部ダハシュールで

 エジプト古代文明の象徴とも言える精巧な四角すいのピラミッド。数学的な美しさを体現し、築いた古代人の英知には圧倒される。一方、親近感がわくのがカイロ郊外ダハシュールにある「屈折のピラミッド」だ。ギザの大ピラミッドで有名なクフ王の父親で、紀元前2600年ごろの王スネフェルのもので、下部の傾斜は急だが、上部は急に緩くなっている。まるで「設計ミス」のような外観はどこかほほ笑ましい。

 「54度前後の傾斜角は、途中から43度前後になります。同時期に造った別の急傾斜のピラミッドが、ひび…

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文797文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  4. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  5. 福岡4人水死 「離岸流」原因か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです