メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界陸上

荒井、最年長の歩きを 29歳、男子50キロ競歩

180センチの長身を生かした大きな歩きを武器に世界選手権でのメダル獲得を目指す荒井=小林悠太撮影

 【ロンドン小林悠太】昨年のリオデジャネイロ五輪の男子50キロ競歩で銅メダルを獲得した荒井広宙(ひろおき、29)=自衛隊=にとって、4日に開幕する陸上の世界選手権の開催地、ロンドンは悔しい思い出が残る地だ。2011年秋にイタリア合宿の帰りに1泊2日でコースを視察したが、国内選考で敗れて12年ロンドン五輪は出場を逃した。6年ぶりに訪れるロンドンに「出られなかった分、歩けるのはうれしい」と喜びを隠せない。

 13日に行われる男子50キロ競歩には長年、競技を支えてきたベテランたちが出場しない。15年世界選手…

この記事は有料記事です。

残り618文字(全文870文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁
  2. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  3. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  4. 白血病などの遺伝子治療製品、国内初承認へ
  5. 特集ワイド 結婚は「多くの人納得」必要? 女性皇族の「自由恋愛」定着したが…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです