メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

男子ゴルフ

宮里、武藤ら2回戦進出へ

 国内男子ゴルフツアーでは14年ぶりのマッチプレー方式大会、ISPSハンダ・マッチプレー選手権(千葉・浜野GC=7217ヤード、パー72)第1日は1日、千葉県市原市の浜野GCで96選手が参加して1回戦があった。雷雲停滞のため午後4時にサスペンデッドが決まり、24試合の48選手がホールアウトできなかった。完了した24試合では、今季2勝の宮里優作がプロ転向2年目の22歳、松原大輔に3アンド2で勝利。ストロークプレーで実施した一昨年の大会を制した武藤俊憲は宮瀬博文を6アンド5で降して2回戦に進んだ。前週6位の秋吉翔太、同11位の小田孔明らが初戦で姿を消した。2日は午前7時から1回戦の残りを再開、その後2回戦を実施し、勝者とシード選手8人の計32人による3回戦以降は9月6~10日に開催する。

     ○…「アマチュアの頃からマッチプレーが苦手」という48歳の手嶋多一が、昨年のツアー外大会、ネスレ招待日本プロマッチプレー選手権レクサス杯を制した23歳の時松隆光に2アンド1で勝利。前半9ホールで2アップのリードを奪い「自分のペースでできた」と笑顔を見せた。普段から同伴競技者に声をかけながらラウンドすることの多い手嶋らしく「相手のミスに乗じたり、駆け引きができないんだよね。(2003年までツアー大会として開催した)日本プロマッチプレー選手権も2回戦より上に進んだことがない」。今回も負けを想定し、泊まっていたホテルを朝にチェックアウトしてコース入りしたそうで、「今夜の宿探しです」と足早にクラブハウスを後にした。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 明治ザ・チョコレート 4000万ヒットの陰に“黒歴史”
    2. 東山動植物園 雄のコアラ死ぬ…9日に続き 雄は1頭に
    3. B787 旅客機、初の一般道横断 中部空港から展示施設
    4. 東日本大震災 「つらくても伝える」大川小生存の18歳
    5. 飛行機 道路をそろり航空博物館お引っ越し 岐阜・各務原

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]