メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

視覚障害者柔道

パラリンピック出場選手、ウェブ番組に登場 東京大会に向け競技盛り上げ

視覚障害者柔道の魅力を伝えるウェブ番組の撮影に臨む研究生で、「原宿チアリボンズ」研究生のAliceさん(左から2人目)とCocoroさん(同3人目)=東京都文京区の講道館で2017年6月18日午後1時42分、山口一朗撮影

 視覚障害者柔道(ブラインド柔道)を知ってもらおうと、パラリンピック出場経験のある3選手が、スポーツ紹介ウェブ番組「原宿チアリボンズ スポーツ英語講座」(https://freshlive.tv/harajuku-cr)に登場する。この講座は、東京2020大会に向け、さまざまな競技を盛り上げたいと、芸能事務所「オスカープロモーション」が動画配信サービス「FRESH! by AbemaTV」で配信中。オスカープロの依頼を受け、スポーツ特化型寄付サイト「毎日アスリート・パートナーズ」(毎日AP、http://mainichi-athletep…

毎日アスリート・パートナーズ

担当者・山口一朗 毎日新聞社オリンピック・パラリンピック室委員。1965年北海道生まれ。白馬・岩岳スキースクール指導員を経て、90年毎日新聞社入社。福井支局、奈良支局、大阪本社運動部(プロ野球・近鉄、セレッソ大阪担当)、同編集制作センター編集委員、毎日文化センター広島館長、岡山支局次長などを歴任して現職。日本体育協会公認水泳指導員、全日本スキー連盟クラウン・プライズ、剣道二段。2016年4月に中級障がい者スポーツ指導員の資格を取得。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです