メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「考古学」を歩く

カイロ遺跡探訪/4止 最古パピルス、赤字活用

2013年に紅海沿岸の町で発見された「最古のパピルス」。現在はカイロのエジプト考古学博物館に収蔵されている=カイロのエジプト考古学博物館で2017年7月24日、篠田航一撮影

 英語のペーパー(紙)の語源は、ナイル川に自生する「パピルス」(カヤツリグサ科の水草)だ。古代エジプト人はこの茎を薄く割いて縦横に並べ、のりを加えたり乾燥させたりして、現代の紙に似た素材を作り上げた。羊皮紙などと共に重要な筆記手段だった。

 2013年、エジプトの紅海沿岸の港町ワディ・エルジャルフで、史上最古のパピルスが見つかった。ギザの大ピラミッドで有名なクフ王(在位・紀元前26世紀)に仕えたメレルという人物の記した文書で、ピラミッドを造る過程が記されていたのだ。

 メレルが率いたチームは200人。ナイル川沿いの町トゥーラの石切り場から石灰岩を切り出し、船で建設現…

この記事は有料記事です。

残り517文字(全文801文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ローマ・カトリック教会 前田大司教を枢機卿に任命
  2. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
  3. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  4. NHK杯体操 男子個人総合 内村が10連覇
  5. 旧優生保護法 強制不妊、妻に言えず 提訴の男性「人生返して」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]