メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「考古学」を歩く

カイロ遺跡探訪/4止 最古パピルス、赤字活用

2013年に紅海沿岸の町で発見された「最古のパピルス」。現在はカイロのエジプト考古学博物館に収蔵されている=カイロのエジプト考古学博物館で2017年7月24日、篠田航一撮影

 英語のペーパー(紙)の語源は、ナイル川に自生する「パピルス」(カヤツリグサ科の水草)だ。古代エジプト人はこの茎を薄く割いて縦横に並べ、のりを加えたり乾燥させたりして、現代の紙に似た素材を作り上げた。羊皮紙などと共に重要な筆記手段だった。

 2013年、エジプトの紅海沿岸の港町ワディ・エルジャルフで、史上最古のパピルスが見つかった。ギザの大ピラミッドで有名なクフ王(在位・紀元前26世紀)に仕えたメレルという人物の記した文書で、ピラミッドを造る過程が記されていたのだ。

 メレルが率いたチームは200人。ナイル川沿いの町トゥーラの石切り場から石灰岩を切り出し、船で建設現…

この記事は有料記事です。

残り517文字(全文801文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  2. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  3. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  4. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々
  5. くらしナビ・学ぶ @大学 「中根」の目・データが語る 女子の医学部合格者比率が高い1位 島根大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです