メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

待ったなし

続く白鵬1強時代=武藤久

 豪華番付がまた看板倒れに終わった7月の名古屋場所。優勝した白鵬はいつもの場所とは一味違って見えた。若手には相撲にさせない取り口、かと思えば13日目の高安との一戦ではかち上げこそかわしたが、のど輪や突き押しで攻め最後は厳しい右のおっつけで土俵上に押し倒した。

 ある元横綱はあきれたように感心した。「馬力の高安に馬力勝ちして見せたのには驚いたよ。(若手に)はたいたり引いたりしたのは横綱相撲ではないという声もあるみたいだが、力の差があるからできるんだ」。確かに負けない横綱、強い横綱を見せた場所だった。

 大相撲の記録では優勝回数、勝利数、連勝に価値があるという。優勝回数は39回となって2位の大鵬の32…

この記事は有料記事です。

残り754文字(全文1054文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  2. わいせつ行為 児童9人に 小学教諭を懲戒免職に 県教委 /長崎
  3. 競馬・藤田菜七子はG1制覇ならず5着 フェブラリーステークス
  4. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター
  5. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです