メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そば打ちを学ぶ会員ら。中央が会長の松本純一さん

 ◆日本手打そば保存会=春日井

腕を磨き味と技伝授

 そば打ちを通じて、日本古来の味と技を多くの人に伝える活動をしている。春日井市を中心に約170人の会員がおり、月2日、同市坂下町4の坂下公民館でそば打ちの勉強会を行う。会員は退職後の元会社員など年配者が中心だが、最近は女性も増えている。

 そば打ちは天候や気温、湿度が微妙に影響する奥の深い作業だ。木鉢の中でそば粉に水を含ませる「水回し」が特に難しく、「木鉢3年、延ばし3カ月、包丁3日」の例えもあるという。

 会ではそば打ちの腕を磨くだけでなく、月1回、理論勉強会も開いている。そばの歴史や産地、品種など、会…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文643文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  2. ORICON NEWS 大阪城で“ナイトウォーク”『サクヤルミナ』12月オープン 渡辺直美「ワクワクしちゃう」
  3. サウジ記者不明 アップルウオッチ通じ録音か トルコ紙
  4. プロ野球CS 広島が2年ぶり日本シリーズ出場 8回目
  5. 埼玉・高齢夫婦殺傷 中3の孫逮捕 殺人未遂容疑で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです