メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そば打ちを学ぶ会員ら。中央が会長の松本純一さん

 ◆日本手打そば保存会=春日井

腕を磨き味と技伝授

 そば打ちを通じて、日本古来の味と技を多くの人に伝える活動をしている。春日井市を中心に約170人の会員がおり、月2日、同市坂下町4の坂下公民館でそば打ちの勉強会を行う。会員は退職後の元会社員など年配者が中心だが、最近は女性も増えている。

 そば打ちは天候や気温、湿度が微妙に影響する奥の深い作業だ。木鉢の中でそば粉に水を含ませる「水回し」が特に難しく、「木鉢3年、延ばし3カ月、包丁3日」の例えもあるという。

 会ではそば打ちの腕を磨くだけでなく、月1回、理論勉強会も開いている。そばの歴史や産地、品種など、会…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文643文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. パチンコ店 戦々恐々 「禁煙なら行かない」の声も
  3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  4. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]