メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今、被害者は

/4 「遺族には殺人」訴え 少年審判に参加、山内千恵子さん /兵庫

山内美輝さんが亡くなった踏切には、造花のヒマワリが供えられていた=兵庫県尼崎市南清水で、茶谷亮撮影

 尼崎市の主婦、山内千恵子さん(55)は毎日のように、自宅近くの踏切に通う。「怖い、怖い」と叫びながら、ここで亡くなったわが子。その恐怖や悔しさを思うと、今でも涙が止まらなくなる。

 次男・美輝(よしき)さん(当時16歳)は2年前の朝、いつものように「行ってくるわ」と家を出た。その後、乗っていた自転車をオートバイから押され、時速50キロ近くで踏切に突っ込んだ。

 「お母さんがおばあちゃんになっても、俺がずっと面倒を見る」。3人きょうだいの末っ子は、そう胸を張る…

この記事は有料記事です。

残り825文字(全文1055文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 町田女性殺害 被害者は頭蓋陥没 頭髪から数ミリのねじ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです