メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

深海アイドル図鑑

過酷な環境生きる工夫がいとしい ココリコ田中さん、魅力語る

田中直樹さん=佐々木順一撮影

 光がほとんど届かず、未知の世界が広がる深海。そこにすむキモカワな生き物たちを紹介する「深海アイドル図鑑」がスタートします。サメ好きで深海生物にも詳しい、お笑いタレントの田中直樹さん(46)に魅力を語ってもらいました。

 餌が少ないので、一気に口をがばーっと大きく開ける魚もいれば、体を発光させて餌をおびき寄せたり、逆に敵から攻撃を受けにくいように自分の体をぼやかしたりする生き物も。深海の生き物は過酷な環境を生き残るための特徴をそれぞれ備えており、魅力いっぱいです。「ああ、この子は体のここ(の機能)を伸ばして進化したんだなあ」と注目すると、ますます好きになります。

 僕はサメが特に好きですが、500種類ほどいるサメの中でも深海のサメは魅力にあふれています。北極圏の…

この記事は有料記事です。

残り813文字(全文1146文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 秋田犬 勝大デビュー ザギトワの「マサル」ときょうだい
  4. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  5. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです