メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今、被害者は

/5 命絶つ道、選ばないで 原因究明求め続け 第三者委へ疑問も /兵庫

長男の写真を見つめる母親。机も長男が使っていたまま残されている=兵庫県川西市内で、茶谷亮撮影

 誕生日会、小学校の入学式、家族でよく訪れたゴルフ場。家中に家族写真が飾ってあるが、いつも真ん中に写っていた一人息子はもういない。

 「私たちは今も3人家族。まだ片付ける気にはなれない」。川西市に住む母親(59)の頬を涙が伝った。

 高校2年だった長男(当時17歳)は5年前、始業式前日に自ら命を絶った。「わが子の苦しみに気付けなかった」という後悔は、今も消えない。

 予定日より3カ月も早く、わずか1000グラムで生まれた長男。母親は毎日病院に通い、保育器の中の小さ…

この記事は有料記事です。

残り986文字(全文1217文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. 一日警察署長 交通ルール守ってね AKB48・永野さん
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. あの人に会った 関西ジャニーズJr. 西畑大吾さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです