メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

政治危機と内閣改造

山崎拓氏

 内閣改造で支持率続落に歯止めをかけたい安倍晋三首相。だが、南スーダン国連平和維持活動(PKO)派遣部隊の日報問題を巡る稲田朋美元防衛相の「遅きに失した」辞任と、学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設問題で負った傷は深い。一方、東京都議選で敗北し、蓮舫代表が引責辞任した民進党も生き残りの正念場。2人の政治家の引き際と、政治の危機管理を考える。

この記事は有料記事です。

残り4388文字(全文4562文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです