メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SNS

ツイッターで救助要請 果たして有効? 消防庁に聞いてみた

ツイッター社が紹介している救援要請ツイートの模範例=ツイッタージャパン社提供

 「祖父母が孤立しています。#救助」「停電で携帯充電もできない。#救助」。7月の九州北部豪雨で、ツイッターに救助要請の投稿が相次いだ。ところが、要請の方法を紹介した新聞記事が被災地外でキーワードの「#救助」つきで拡散され、肝心のSOSが埋もれてしまっていた。この事態を問題視する報道もあったが、消防庁に改めて「#救助」の効果を聞くと、予想外の答えが返ってきた。【大村健一】

この記事は有料記事です。

残り996文字(全文1182文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉並のアパートで女性刺傷 搬送後に死亡、男が逃走か
  2. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  3. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  4. ORICON NEWS がん手術の堀ちえみ、無事退院を報告し感謝 今後は経過観察で定期的に通院
  5. 特集ワイド チケット「転売ヤー」 業界困惑 ネット普及で買い占め容易に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです