メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界陸上

男子100 日本勢3人準決へ 史上初

 【ロンドン新井隆一】陸上の世界選手権ロンドン大会は4日、ロンドン競技場で開幕した。男子100メートル予選で日本勢のサニブラウン・ハキーム(東京陸協)、多田修平(関学大)、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)の3人が5日(日本時間6日未明)の準決勝に進出した。日本勢3人全員がこの種目で同時に準決勝に進むのは五輪、世界選手権を通じて史上初。

 サニブラウンは自己ベストタイの10秒05(向かい風0・6メートル)で2組1着。多田は10秒19(追…

この記事は有料記事です。

残り1243文字(全文1458文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  3. 飲酒運転で阪神高速逆走、正面衝突 4人軽傷被害 36歳男を逮捕
  4. 「介護しているのに文句ばかり」夫の口塞ぎ 妻を逮捕 容疑は殺人未遂 大阪
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです