メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改憲「野党含め多数派形成の努力重ねる」

読売テレビ出演 不支持率超に「厳しい批判を真摯に…」

 安倍晋三首相は5日午前、読売テレビの番組で、憲法改正について「野党を含め、できるだけ多くの多数派を形成していく努力は重ねていかなければならない」と述べた。自民党が改憲案の議論を始めていることを踏まえ、与野党を超えて理解が得られる案が必要だとの考えを示した。

     改憲勢力が衆参両院で憲法改正の発議に必要な3分の2議席を占めているが、首相は「みんなで納得して前に進んでいかないと、国民投票で過半数を得るのは難しい」と指摘。2020年の改正憲法施行を目指す意向を示した自身の発言については「日程も含めて一石を投じた。議論が活性化したのは事実だ」と意義を強調した。

     ただ「今後は党にお任せする。日程ありきではない」とも重ねて述べた。政府・与党内には秋の臨時国会に自民党が改憲案を提出することは困難との見方が広がっている。

     毎日新聞などの世論調査で、内閣改造を受けて内閣支持率が回復したものの依然、不支持率が上回る状況が続いていることについては、「厳しい批判、叱咤(しった)を真摯(しんし)に受け止めなければならない。自分の気持ちの中におごりが生じたのかもしれない」と反省の弁を述べた。そのうえで「これから結果を出す中で皆様の支持を頂きたい」と語った。【竹内望】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 特集ワイド 衆院選 投票すべきか迷うあなたに 棄権は危険 「抗議の白票」は逆効果
    2. プロレス アントニオ猪木氏「生前葬」 ハンセンら参列
    3. 台風21号 列島大雨に 「特別警報」の可能性
    4. トランプ氏 ケネディ氏暗殺の捜査資料、機密指定解除へ
    5. 原付きバイク カープナンバープレートも交付 広島市

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]