メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今、被害者は

/6止 20年前の後悔支えに ひょうご被害者支援センター・田中実恵子事務局長 /兵庫

「被害者に寄り添い続けたい」と話す田中実恵子さん=神戸市中央区のひょうご被害者支援センターで、茶谷亮撮影

 「被害者支援とは助けるのではなく、寄り添うこと」。公益社団法人「ひょうご被害者支援センター」(神戸市中央区)の事務局長、田中実恵子さん(73)は力を込める。

 センターは弁護士や犯罪被害者遺族らの有志が2002年に設立した、被害者支援の拠点。性犯罪や虐待、ストーカーなど幅広い相談に応じ、支援する自治体や法テラス、自助グループに被害者をつなぐ官民のパイプ役も担う。

 田中さんは約50人のスタッフを束ねる中心的存在だが、自身の活動を支えているのは、20年前の「後悔」…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「小中学生は大外刈り禁止を」 中一の娘亡くした父がネットで発信 全柔連相手に賠償提訴も
  2. 大坂が日本勢初の決勝進出 全豪テニス
  3. ORICON NEWS 吉田沙保里さん、ファンの声で引退実感「肩の荷が下りた」 20年ぶりの市販薬の効き目に驚き
  4. 大坂なおみ、世界ランク1位の条件 WTA公式サイトが伝える
  5. 大坂なおみの肌を白く表現したPRアニメ  日清食品が削除し謝罪  米マネジメント会社も削除要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです