メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界陸上

女子マラソン 23歳コンビ苦闘 清田16位、安藤17位

 【ロンドン新井隆一】陸上の世界選手権は第3日の6日、女子マラソンがあり、日本勢は11大会連続入賞を逃した。清田真央(スズキ浜松AC)が2時間30分36秒で16位、安藤友香(同)が2時間31分31秒で17位、重友梨佐(天満屋)が2時間36分3秒の27位だった。優勝はローズ・チェリモ(バーレーン)で2時間27分11秒。

 男子110メートル障害は増野元太(ヤマダ電機)が準決勝で13秒79の1組7着となり敗退した。女子や…

この記事は有料記事です。

残り1361文字(全文1570文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  3. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです