メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おんなのしんぶん・加藤登紀子

Tokiko’s Kiss 対談 加藤登紀子×野田秀樹 歌舞伎、新たな挑戦

 演劇家の野田秀樹さん(61)作・演出の歌舞伎「野田版 桜の森の満開の下」が9日、東京・歌舞伎座で開幕します。「劇団夢の遊眠社」時代に圧倒的な人気を誇った作品で、演劇ファン待望の舞台です。東大演劇研究会の先輩にあたる加藤登紀子さん(73)と熱く語り合いました。【構成・上東麻子、写真・渡部直樹】

舞台を歌舞伎に

加藤 「桜の森の満開の下」は坂口安吾の小説を野田さんが芝居にしたものがベース。今回、歌舞伎に置き換える時、何が大変でしたか?

野田 言葉ですね。歌舞伎は4作目で、もうこれぐらいは受け入れてもらえるだろうと思っていたら、やはり違…

この記事は有料記事です。

残り1787文字(全文2053文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
  2. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  3. 大阪震度6弱 安倍首相、21日に被災地視察
  4. 野球漫画 「ドカベン」46年で完結 28日発売号で
  5. カナダ 地下鉄ホームから突き落とされ死亡 日本人男性か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]