メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2016年の「うごく七夕まつり」。川原祭組、囃子の熱がピークを迎える夜の部

 今年も待ちに待った季節がやってきた。「七夕」と聞くと、多くの人が7月7日を思い浮かべるだろう。かつては私もその一人だった。あの東日本大震災が起きるまでは。

 縁あって通っている岩手県陸前高田市で出合った「うごく七夕」という祭りがある。旧暦の七夕である8月7日、各町内で見上げるほどの大きな山車に囃子(はやし)を乗せ、「よーい、よい」というかけ声と共に人々が練り歩く。街を離れた人でも、この日を目指し戻ってくる者が少なくない。

 2011年3月11日、市街地は壊滅的な被害を受けた。ほぼ全世帯が津波にのまれ、解散に追い込まれた町…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文636文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 貴乃花親方が相撲協会に退職届を提出
  2. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  3. 苫小牧の国道 交差点で衝突事故 6歳女児と母の2人死亡
  4. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです