メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

HOT!!プロ野球

練習の虫、ついに開花 DeNA・宮崎、初の首位打者へ

 優勝争いに加え、個人タイトル争いも熱を帯びる中、現在3割3分7厘でセ・リーグの首位打者争いをリードしているのが、DeNAの宮崎敏郎内野手(28)だ。プロ入り5年目で一気に才能が開花した。

 172センチ、85キロのどっしりとした体格。左足を少し後ろに引いて右足1本で立つ独特の構えから、ゆったりとタイミングをとって右へ左へと快打を飛ばす姿は、近鉄などで活躍した中村紀洋をほうふつさせる。4年目の昨季、打率2割9分1厘、11本塁打をマークして頭角を現し、5年目の今季は開幕直後に脇腹を痛めて一時離脱したものの、5月の復帰以降は大きなスランプもなく、高打率を維持している。

 佐賀・厳木(きゅうらぎ)高から日本文理大を経て、社会人のセガサミーに入社。2年目の2012年の都市…

この記事は有料記事です。

残り517文字(全文851文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです