メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

会いたい・2017年夏/3 阿久悠さん 政治家の詭弁を嘆く

=石井諭撮影

阿久悠さん 作詞家(2007年死去、享年70)

 セミが鳴いている。朝からぱらついていた雨も昼には上がった。没後10年になる阿久悠さんの命日(8月1日)に東京・西麻布の長谷寺(ちょうこくじ)を訪ねた。お堂越しに六本木ヒルズが見える。同行願ったのは作家の三田完さん(61)。NHKの歌謡番組のディレクターを経て、15年にわたってヒットメーカーのそばで仕事をしてきた。阿久さんのブレーンだった。業界人というより、漂う雰囲気は長屋のご隠居さん。「セミの声を聞くと、阿久さんを思い出しますね。好きだった甲子園の季節ですし」

 とび色の阿久さんの墓石には「悠久」の2文字が刻まれている。菊の花が手向けられ、まだ線香の煙がのぼっ…

この記事は有料記事です。

残り2533文字(全文2839文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  3. テニス 大坂「成功より幸福感が大事」 コーチ解消を語る
  4. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです