メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水に挑んで

大阪ボート物語/8止 大阪ボート協会専務理事・荒井哲治さん 選手目線の運営、自ら行動 /大阪

荒井哲治さん=大阪府高石市の府立漕艇センターで、竹内梓撮影

 高石市の府立漕艇センターで7月初めに開かれた「関西選手権競漕大会」の前日、大阪ボート協会のスタッフはコースの設営をしていた。モーターボートに乗って6レーン分のワイヤを伸ばし、10キロ近いおもりを落とす。岸とモーターボートに乗る人と手分けして、2000メートルにわたってコースを設ける地道な作業だ。その中に、協会専務理事の荒井哲治さん(68)もいた。

 荒井さんは清風高校でボート部に入り、魅力にとりつかれた。卒業後は家業の和菓子屋を継ぎ多忙な中、社会…

この記事は有料記事です。

残り1194文字(全文1419文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  2. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町
  3. 競馬 菜七子“伝説V”へ! JRA女性騎手初G1で決める(スポニチ)
  4. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」
  5. ありがたや、ノリ自販機登場 佐賀空港に全国初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです