メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水に挑んで

大阪ボート物語/8止 大阪ボート協会専務理事・荒井哲治さん 選手目線の運営、自ら行動 /大阪

荒井哲治さん=大阪府高石市の府立漕艇センターで、竹内梓撮影

 高石市の府立漕艇センターで7月初めに開かれた「関西選手権競漕大会」の前日、大阪ボート協会のスタッフはコースの設営をしていた。モーターボートに乗って6レーン分のワイヤを伸ばし、10キロ近いおもりを落とす。岸とモーターボートに乗る人と手分けして、2000メートルにわたってコースを設ける地道な作業だ。その中に、協会専務理事の荒井哲治さん(68)もいた。

 荒井さんは清風高校でボート部に入り、魅力にとりつかれた。卒業後は家業の和菓子屋を継ぎ多忙な中、社会…

この記事は有料記事です。

残り1194文字(全文1419文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  4. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  5. 質問なるほドリ 5Gどんな通信? 動画も超高速ダウンロード 自動運転支える=回答・森有正

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです