メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校生の「原爆の絵」

被爆者が見たリアル、息詰まる思いで描く 河崎海斗さん(2年) 相生橋(現中区) /広島

「爆風で亡くなった女性」と題した作品の前に立つ基町高校2年の河崎海斗さん=広島市中区で、山田尚弘撮影

 原爆が投下されて2日目の1945年8月8日の朝、県産業奨励館(原爆ドーム、現中区)近くの相生橋で、欄干の間に座るようにはまり、亡くなっていた2人の女性がいた。爆風で飛ばされたとみられ、その表情はとても苦しそうだったという。

 基町高校2年の河崎海斗さん(16)は、19歳の時に爆心地から1・5キロ離れた自宅で被爆した新…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文399文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  3. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです