メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校生の「原爆の絵」

被爆者が見たリアル、息詰まる思いで描く 河崎海斗さん(2年) 相生橋(現中区) /広島

「爆風で亡くなった女性」と題した作品の前に立つ基町高校2年の河崎海斗さん=広島市中区で、山田尚弘撮影

 原爆が投下されて2日目の1945年8月8日の朝、県産業奨励館(原爆ドーム、現中区)近くの相生橋で、欄干の間に座るようにはまり、亡くなっていた2人の女性がいた。爆風で飛ばされたとみられ、その表情はとても苦しそうだったという。

 基町高校2年の河崎海斗さん(16)は、19歳の時に爆心地から1・5キロ離れた自宅で被爆した新…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文399文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  3. 奄美大島 ノネコ捕獲で論争 クロウサギ捕食で
  4. 唐沢寿明 “充電旅”再び! 出川哲朗と軽井沢へ きょう放送
  5. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです