メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名王者が語る

山中慎介 日本記録の13連続防衛へ/下 パンチ力、勇気で開花 西岡利晃さん

後輩・山中の長所について語る西岡さん=望月亮一撮影

WBCスーパーバンタム級名誉王者・西岡利晃さん(41)

 --同じ帝拳ジムだった山中の印象は。

 ◆左のパンチ力は元々あったが、開花し切れていなかった。大阪で2010年6月に行われた安田幹男(六島)との日本バンタム級タイトルマッチでは、相手が弱っている時に倒し切れず「もったいない」と思いながら応援していた。判定になったら分からない。七回の前のインターバル中にコーナーで「もう倒せるから行け」と伝えた。山中はTKO勝ち。それがあったからというわけではないが、一戦ごとに自信をつけたのだろう。ここまでの選手になるとは思っていなかった。

この記事は有料記事です。

残り650文字(全文914文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  2. 加計学園 理事長が会見、謝罪 監督責任で給与を自主返納
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 加計学園 午前11時から記者会見 理事長自ら説明か
  5. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]