メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名王者が語る

山中慎介 日本記録の13連続防衛へ/下 パンチ力、勇気で開花 西岡利晃さん

後輩・山中の長所について語る西岡さん=望月亮一撮影

WBCスーパーバンタム級名誉王者・西岡利晃さん(41)

 --同じ帝拳ジムだった山中の印象は。

 ◆左のパンチ力は元々あったが、開花し切れていなかった。大阪で2010年6月に行われた安田幹男(六島)との日本バンタム級タイトルマッチでは、相手が弱っている時に倒し切れず「もったいない」と思いながら応援していた。判定になったら分からない。七回の前のインターバル中にコーナーで「もう倒せるから行け」と伝えた。山中はTKO勝ち。それがあったからというわけではないが、一戦ごとに自信をつけたのだろう。ここまでの選手になるとは思っていなかった。

この記事は有料記事です。

残り650文字(全文914文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 週刊テレビ評 綾瀬はるか主演「義母と娘のブルース」 原作を超えた独自の世界観=碓井広義
  4. 拾得物詐取 大阪の巡査ら個人情報なし狙い
  5. あおなみ線 空港まで 名古屋市、検討対策室設置へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです