メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

耐性菌で患者2人死亡 院内感染の可能性

 北九州市八幡西区の特定医療法人東筑会・東筑病院(199床)は10日、ほとんどの抗生物質が効かないカルバペネム耐性腸内細菌科細菌(CRE)に入院患者4人が感染し、このうち80代の男性2人が死亡したと発表した。感染者のうち2人の菌の型が一致しており、院内感染の可能性があるという。

     病院によると、死亡した2人はいずれも肺炎で入院。病院がCRE感染を確認し、7月12、21日に保健所に届け出たが、2人は7月中に死亡した。抗生物質が効かないCRE感染症を発症した可能性がある。他に90代男女の入院患者2人もCREに感染したが、感染症が現れず抗生物質が効いた。ただし、90代女性はその後、死亡したという。

     北九州市は8月4日に立ち入り検査しており、病院は感染者を個室に移すなど感染防止に努めている。市によると2016年は全国で1570人がCREに感染した。【比嘉洋】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 飛び降り 女子高生2人自殺か パチンコ店屋上から
    2. ゾウガメ 15日ぶりに保護 父子で捜索、近くの山中で
    3. ゾウガメ 脱走 55キロ、おとなしいが… 岡山の動物園
    4. 児童扶養手当 2カ月ごと支給へ 年3回を見直す方針
    5. 覚醒剤 埼玉の中学教諭を所持容疑で逮捕 警視庁

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]