メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

筆をご覧になる秋篠宮ご夫妻と悠仁さま=滋賀県高島市で2017年8月10日午後、大西岳彦撮影

 秋篠宮ご夫妻と長男悠仁(ひさひと)さま(10)は10日、滋賀県高島市で書道の筆を製作している「攀桂(はんけい)堂」を見学された。悠仁さまの夏休みを利用した私的な旅行。攀桂堂は約400年前の江戸時代前期に京都で創業した。皇室とゆかりが深く、秋篠宮さまも筆を愛用している。15代目の藤野雲平さん(67)らから製作手順の説明があり、悠仁さまは興味深そうに材料の動物の毛や製作途中の筆を手にとっていた。【高島博之】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
    2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
    3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
    4. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
    5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです