メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ケニア大統領選

現職が大差でリード

ケニアのケニヤッタ大統領=2017年8月7日、ロイター

 【ナイロビ小泉大士】8日に行われたケニア大統領選は、選挙管理当局のウェブサイトによると、現職のケニヤッタ大統領が、野党連合候補のオディンガ元首相を大差でリードしている。オディンガ氏は集計に不正があったとして自らの勝利を主張しており、当選者の確定を前に緊張が高まっている。

 最終結果は11日中にも発表される見通し。選管のサイトによると、開票作業はほぼ終了。ケニヤッタ氏の得票率は約54%で、オディンガ氏を10ポイント近く引き離している。

 オディンガ氏は9日、選管のサーバーがハッキングされて結果が改ざんされたと主張。野党陣営は10日、「…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文618文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都大の吉田寮自治会が条件付き退寮表明
  2. 囲碁 小4仲邑菫さん、世界的強豪の壁高く
  3. はやぶさ2 あすリュウグウに着陸
  4. 空自戦闘機墜落 突発的トラブルか 異常、交信なく
  5. 中江首相秘書官「検討申し上げたかも」 勤労統計対象入れ替え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです