メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

声なき証言者

戦後72年・鳥取/上 ビルマ戦没者の慰霊塔 犠牲の命、忘れさせない /鳥取

ビルマ戦についての講演に、静かに耳を傾ける河原徳良さん(右)=鳥取市円護寺で、小野まなみ撮影

 遠く離れた雨期の東南アジア。暑さやまとわりつくような湿気が体力を奪い、日を追うごとに一人、また一人と倒れていった。食糧は尽き、武器さえも捨て、道なき道を歩き続けた--。

 鳥取市円護寺に建つ金色のパゴダ(仏塔)「ビルマ方面戦没者慰霊塔」の前で、今月2日に開かれた講演会。鳥取市歴史博物館の学芸員が、太平洋戦争・ビルマ(現ミャンマー)戦体験者の手記を読み上げると、この日周辺の清掃に参加した約20人が息をのんだ。

 慰霊塔はビルマに派兵された犠牲者を追悼しようと、生還者らでつくる「県ビルマ会」が1956年に建立、…

この記事は有料記事です。

残り1134文字(全文1389文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鍋に顔つけられた男性会見 加害者の社長に「罪をつぐなってほしい」
  2. 福島火災 火の海、住民絶句 夫の携帯に「熱いよ」
  3. 福島火災 7人目の遺体見つかる 子供4人含む一家か
  4. 日産会長逮捕 「日本人の陰謀」 仏経済紙が報道
  5. 九州豪雨 「今、流されている」 不明の女性電話で「さよなら」 夫は遺体で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです