メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

声なき証言者

戦後72年・鳥取/上 ビルマ戦没者の慰霊塔 犠牲の命、忘れさせない /鳥取

ビルマ戦についての講演に、静かに耳を傾ける河原徳良さん(右)=鳥取市円護寺で、小野まなみ撮影

 遠く離れた雨期の東南アジア。暑さやまとわりつくような湿気が体力を奪い、日を追うごとに一人、また一人と倒れていった。食糧は尽き、武器さえも捨て、道なき道を歩き続けた--。

 鳥取市円護寺に建つ金色のパゴダ(仏塔)「ビルマ方面戦没者慰霊塔」の前で、今月2日に開かれた講演会。鳥取市歴史博物館の学芸員が、太平洋戦争・ビルマ(現ミャンマー)戦体験者の手記を読み上げると、この日周辺の清掃に参加した約20人が息をのんだ。

 慰霊塔はビルマに派兵された犠牲者を追悼しようと、生還者らでつくる「県ビルマ会」が1956年に建立、…

この記事は有料記事です。

残り1134文字(全文1389文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 大相撲秋場所 さらばロシアの巨漢 大露羅、引退を表明
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです