メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キズとカタチの総合医

守備範囲は体の表面=桜井裕之・東京女子医科大学形成外科教授

 みなさんには、けがや病気の内容に応じて、受診しようと思い浮かぶ診療科があると思います。

 腕を骨折した時には整形外科、気分がふさぎ込んだ時には精神科、生理不順の時には産科婦人科……といった具合です。

 では、「形成外科」が対象とする病気やけがは? 残念ながら、分からない方がほとんどでしょう。

 私が勤務する東京女子医科大形成外科の外来患者さんも、他の診療科の先生から「形成外科で診てもらってください」と紹介されてきた方が大半です。

 実は形成外科は、頭のてっぺんから爪先まで、体の表面のありとあらゆる病気やけがを守備範囲としています…

この記事は有料記事です。

残り698文字(全文962文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 群馬ヘリ墜落 115キロの急加速 通信途絶える20秒前
  2. 石塚運昇さん 食道がんのため68歳で死去 「ポケモン」ナレーション 「ジョジョ」ジョセフなど
  3. アメフット 日大の宮川選手が復帰を検討 チーム訪れ謝罪
  4. 訃報 ソウルの女王 アレサ・フランクリンさん76歳
  5. 富士山測候所 日誌を廃棄 68年間つづった貴重な40冊

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです