メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キズとカタチの総合医

守備範囲は体の表面=桜井裕之・東京女子医科大学形成外科教授

 みなさんには、けがや病気の内容に応じて、受診しようと思い浮かぶ診療科があると思います。

 腕を骨折した時には整形外科、気分がふさぎ込んだ時には精神科、生理不順の時には産科婦人科……といった具合です。

 では、「形成外科」が対象とする病気やけがは? 残念ながら、分からない方がほとんどでしょう。

 私が勤務する東京女子医科大形成外科の外来患者さんも、他の診療科の先生から「形成外科で診てもらってください」と紹介されてきた方が大半です。

 実は形成外科は、頭のてっぺんから爪先まで、体の表面のありとあらゆる病気やけがを守備範囲としています…

この記事は有料記事です。

残り698文字(全文962文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  2. NTT社長 ドコモ値下げ、全社で支援 効率化を協議へ
  3. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  4. 散弾銃事故 サル駆除で誤射、男性死亡 千葉・鴨川の山林
  5. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです