メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女子走り高跳び 「中立の選手」初金

 【ロンドン小林悠太】陸上の世界選手権は第9日の12日、ロンドン競技場で女子走り高跳び決勝があり、マリア・ラシツケネが2メートル3で2連覇を果たした。国ぐるみのドーピング違反で資格停止中のロシア陸連所属で、潔白を証明して「中立の選手」として出場していた。「中立の選手」の金メダルは今大会初めて。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 福井・中2自殺 「怒声、身震いするほど」目撃生徒証言 
    2. 男逮捕 追い越され「頭に来た」 鉄パイプで相手の車壊す
    3. 拉致被害者家族 トランプ米大統領と面会へ 11月来日時
    4. 運転トラブル 相次ぐ 男が追いかけミラー損壊、容疑者逮捕 埼玉県警
    5. 中国 陳氏、中国副主席に内定 習氏の後継固まる

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]