メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女子走り高跳び 「中立の選手」初金

陸上の世界選手権、女子走り高跳びで2連覇を果たしたマリア・ラシツケネ=AP

 【ロンドン小林悠太】陸上の世界選手権は第9日の12日、ロンドン競技場で女子走り高跳び決勝があり、マリア・ラシツケネが2メートル3で2連覇を果たした。国ぐるみのドーピング違反で資格停止中のロシア陸連所属で、潔白を証明して「中立の選手」として出場していた。「中立の選手」の金メダルは今大会初めて。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 愛媛大 別の教員もセクハラ行為か 学生が苦情
    2. 夏の高校野球 花咲徳栄が優勝 埼玉県勢として初
    3. 時計 3万円代で買えるシチズン発の低価格ウオッチ「クラブ・ラ・メール」――海を感じるクラシカルモデルが新登場!(GetNavi web)
    4. 夏の高校野球 中京大中京マネジャー、広陵を応援 
    5. 天気 北海道から北陸で大雨の恐れ 前線接近「警戒を」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]