メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界陸上

日本 男子400メートルリレーで初のメダル

 【ロンドン小林悠太】陸上の世界選手権は第9日の12日、ロンドン競技場で男子400メートルリレー決勝があり、昨夏のリオデジャネイロ五輪銀メダルの日本(多田修平、飯塚翔太、桐生祥秀、藤光謙司)は38秒04で銅メダルを獲得した。日本が世界選手権の同種目でメダルを獲得するのは史上初。これまでは2001年エドモントン大会と09年ベルリン大会の4位が最高だった。

     日本は今大会初のメダル獲得となった。

     5連覇を狙ったジャマイカは途中棄権。今大会限りでの引退を表明しているウサイン・ボルトは現役ラストレースでアンカーを務めたが、途中で左太もも裏を痛めてフィニッシュできなかった。優勝は英国で37秒47だった。

     女子400メートルリレー決勝は米国が41秒82で優勝。第2走者を務めたアリソン・フェリックスが大会通算メダル獲得数を単独トップの15個に伸ばした。

     女子走り高跳び決勝は、マリア・ラシツケネが2メートル3で2連覇を果たした。国ぐるみのドーピング違反で資格停止中のロシア陸連所属で、潔白を証明して「中立の選手」として出場していた。「中立の選手」の金メダルは今大会初めて。

     男子5000メートル決勝はムクタル・エドリス(エチオピア)が13分32秒79で初優勝。モハメド・ファラー(英国)は13分33秒22の2位で4連覇を逃した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 生活保護費 母子加算削減に怒り悲鳴「負の連鎖招く」
    2. 韓国 人気アイドルが自殺か SHINeeメンバー
    3. 福井・あわら市長 「キス相手」を告訴へ 恐喝未遂容疑で
    4. フィギュア 羽生結弦が全日本選手権を欠場 連盟が発表
    5. 児童手当 所得制限、世帯合算へ変更検討へ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]