メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベネズエラ大統領

トランプ氏に電話協議打診

 【サンパウロ朴鐘珠】米ホワイトハウスは11日、ベネズエラのマドゥロ大統領が同日、トランプ大統領に電話協議の打診をしてきたと報道官声明で明らかにした。米側は「ベネズエラに民主主義が回復すれば大統領はすぐにでも喜んで対話する」との立場を表明、協議を事実上拒否した。

     声明は、トランプ政権が発足当初から公平な選挙の実施や政治犯の釈放などを求めてきたが、マドゥロ政権は「独裁への道を選んだ」と非難した。

     米政府はこれまでマドゥロ氏や閣僚ら政府幹部を制裁対象に指定し、米国内の資産を凍結したり、米国人との商取引を禁止したりしている。

     トランプ氏はこの日、夏休み中の米東部ニュージャージー州で記者団の取材に応じ、ベネズエラに対して「必要ならば軍事作戦の可能性も含めた選択肢」を考慮していると述べている。ベネズエラ側は「正気のさたではない」(パドリノ国防相)と激しく反発している。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
    2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
    3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
    4. 台風21号 大阪湾内6割超「走錨」か 連絡橋衝突船含め
    5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです