メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

声なき証言者

戦後72年・鳥取/中 倉吉の「ち号演習」跡 全国唯一、市民も総動員 /鳥取

ち号演習で四王寺山に掘られた壕。夏でもひんやりと冷たく、壁には所々つるはしの跡が残っている=鳥取県倉吉市で、小野まなみ撮影

 倉吉市にある標高約171メートルの四王寺(しおうじ)山。林道脇の草木をかき分けて進むと、斜面に洞窟のようなものが見えた。うだるような暑さやセミの鳴き声は次第に消え、ただ静けさに包まれる。真っ暗な中、辺りを懐中電灯で照らすと、赤土の壁面のあちこちにつるはしを下ろした跡があった。それを眺めながら、谷口瑞樹さん(81)=同市大谷=は記憶をたどりだした。

 沖縄本島での戦闘が劣勢となっていた1945年5月。社国民学校(現倉吉市立社小学校)4年生だった谷口…

この記事は有料記事です。

残り1189文字(全文1414文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  2. 富士通 早期退職に2850人
  3. 漫画で解説 どうしてかむの?の巻
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 官房長官記者会見 申し入れ文書撤回求める緊急声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです