メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドローン

過疎地で活躍 農薬散布、血液輸送に 目指せ地域の救世主、時短・労力軽減 /広島

 空撮や災害対応などで幅広く活用されている小型無人機「ドローン」。県内では農業や医療など、より身近な分野での利用も検討されている。これまで人が行っていた仕事を肩代わりするドローンは、過疎化が進む地域の救世主になることも期待されている。【竹内麻子】

JAがレンタル

 7月13日朝、東広島市高屋町。水田の上をドローンが飛び、農薬を散布した。操縦資格を取った農家ら3人で、約6000平方メートルの水田に散布した時間は約20分。これまでは噴霧機の100メートル近いホースを5人がかりで引っ張り、約40分かけて行う重労働だった。無人ヘリコプターで散布することもあったが、小回りがきかないため中山間地域や小さな農地では使えなかった。

 初めてドローンを使った農業組合法人「アグリタウン東高屋」の森田正治代表理事は「かなり労力が軽減され…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです