メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

時代の危機と短歌=酒井佐忠

 日に日に増大する社会不安や時代への批評として短歌はどうあるべきか。今夏は特にそうした問題提起をする詩歌雑誌などが目立つ。「うた新聞 8月号」では巻頭の藤原龍一郎の作品「悪霊」に注目した。

 <世界終末時計はすすむ酷熱の五輪寒雨の学徒出陣>。新国立競技場の工事現場であった「過労死事件」を悲しむ歌などのあとに置かれた一首。新国立競技場は、元をたどれば明治神宮外苑競技場に替わる施設である。外苑競技場ではかつて、冷たい秋雨の中を「出陣学徒壮行会」が行われ、学徒動員さ…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文579文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. 質問なるほドリ 闇ウェブって何なの? 通信内容を暗号化 発信者の特定困難=回答・岡礼子
  3. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張
  4. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  5. サッカー日本代表 セネガルと引き分け 勝ち点4に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]