メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

時代の危機と短歌=酒井佐忠

 日に日に増大する社会不安や時代への批評として短歌はどうあるべきか。今夏は特にそうした問題提起をする詩歌雑誌などが目立つ。「うた新聞 8月号」では巻頭の藤原龍一郎の作品「悪霊」に注目した。

 <世界終末時計はすすむ酷熱の五輪寒雨の学徒出陣>。新国立競技場の工事現場であった「過労死事件」を悲しむ歌などのあとに置かれた一首。新国立競技場は、元をたどれば明治神宮外苑競技場に替わる施設である。外苑競技場ではかつて、冷たい秋雨の中を「出陣学徒壮行会」が行われ、学徒動員さ…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文579文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  3. EM菌 効果「承知していない」 環境相、否定的考え示す
  4. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
  5. 特集ワイド 麻生氏続投にブーイング 責任取らない副総理兼財務相 発言に共感性なく デフレ対策でも「失格」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです