メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水害前の古里の写真を見せる安元さん

「女の気持ち」ダイジェスト

 豪雨と濁流の中、92歳の母が一人住む福岡県朝倉市の実家を目前に、冠水した道を牛歩のごとく進んだ。車外に出て流木をよけ、腹ばいになってタイヤにかみ込んだ容器を取り除いた。ようやく実家の庭に到着。腰まで水につかり玄関にたどり着いた。愛車は直後に水没。運と犠牲で生かされた私の命。大切にしたい。<7月24日西部本社版掲載 「私は生きる」>

この記事は有料記事です。

残り1722文字(全文1902文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです