メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食と戦争

戦後72年/3 軍特需「日の丸弁当」で消費拡大 梅干し、複雑な側面 /和歌山

梅干し製造を手がけ、売店も兼ねた梅干し資料館を作った泰地一郎さん=和歌山県みなべ町山内で、稲生陽撮影

 戦時下では、農作物も「軍事資源」とされ、暮らしの根幹を支える農業や食はいや応なく戦争に振り回されていった。和歌山が誇る特産の梅干しも、国威発揚と食料の防腐効果を兼ねた「日の丸弁当」として消費が拡大した側面が多分にある。

 「学校も休んで毎日梅干しを作った。戦地で上空からたるごと落下傘で落とせるよう、木のたるを6重に縛って補強した」

 梅の主産地・みなべ町で梅干しの製造・販売大手「ウメタ」を経営する泰地(たいぢ)一郎さん(86)は振…

この記事は有料記事です。

残り853文字(全文1069文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  4. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄
  5. 双子のパイロット訓練生、被災の熊本から羽ばたく 全日空と日航に入社へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです