メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

会いたい・2017年夏/7 藤子・F・不二雄さん 誰もが「のび太」の心を

藤子・F・不二雄さん

藤子・F・不二雄さん 漫画家(1996年死去、享年62)

 この夏一番の猛暑が首都圏を襲った日、藤子・F・不二雄さんの面影を求め、川崎市を訪ねた。台風が去った直後で空は真っ青。輝くような白い雲が浮かんでいる。この配色、まるで「ドラえもん」じゃないか。なんだか愉快になり、口笛でも吹きたくなる。

 同市は藤子さんが長く住んだゆかりの地で、約5万点の原画などを展示する「藤子・F・不二雄ミュージアム」(多摩区)が建っている。館長の伊藤善章(ぜんしょう)さん(68)は豪快で、どこかジャイアンをほうふつとさせる。小学館プロダクション時代から約20年間、藤子さんと接し、現在は藤子プロの社長も務めている。

 「先生は気難しいイメージがありましたね。寡黙で人付き合いは苦手。一方、こちらが圧倒されるほど知識が…

この記事は有料記事です。

残り2456文字(全文2802文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 朝霞少女誘拐 判決言い渡し延期…被告、不規則発言続ける
  2. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす
  3. 埼玉少女誘拐 24歳被告「盗みより罪が軽いと思ってた」
  4. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  5. わいせつ目的で女子中学生誘拐容疑 名古屋の会社員を逮捕 SNS使い誘い出す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです