メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食と戦争

戦後72年/4 空襲で両親犠牲、養父の元に 当時大阪市内在住、迎井匡子さん(80) /和歌山

養父宅近くの山間部から生石口駅があった方角を示す迎井匡子さん=和歌山県紀美野町毛原下で、阿部弘賢撮影

白米、優しさ感じた

 「お腹いっぱい食べたいということばかり考えていた。戦時中は食料がなくて、“お袋の味”なんてなかった」

 太平洋戦争の当時、大阪市内に住んでいた迎井匡子(まさこ)さん(80)=紀美野町=は、ひもじい思いをした幼少期の記憶が今も残る。

 戦争末期は7歳。甘いものが欲しくて、配給の砂糖を食べたいと言うと、母コトメさんは「(疎開中の)兄さんが帰ってきたらね」と言うばかり。裕福な家の友人が食べているサツマイモ入りのおかゆを、うらやましく見つめたこともあった。普段何を食べていたのかは記憶に残っていない。

 1945年3月。空襲警報とともに、大阪市の上空に米軍爆撃機B29の戦隊が襲来した。低空を飛行する「…

この記事は有料記事です。

残り733文字(全文1039文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社告 優勝額を販売します 9月場所・白鵬関
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 赤坂電視台 川合俊一 日本女子バレーの団結力はすごい!
  4. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  5. 東京 コインロッカーから乳児遺体 無職女性が事情知る?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです