メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

「なにをいってやんでえ…

 「なにをいってやんでえ、株ッかじりめ、……野郎、まごまごしやがるとはりたおすぞ」。落語「あくび指南」のまくらには「けんか指南」もでてくる。株ッかじりは他人のお株をかじる猿まねへの罵言(ばげん)という▲江戸のけんか指南は腕っぷしを鍛える話でなく、たんかの切り方を教えるということらしい。この勝負、決めるのは相手をののしる文句の面白さで、つまり周りの人々を多く笑わせた方が勝ちである▲相手のたんかをうまく切り返せば喝采(かっさい)を浴び、言葉に詰まって「閉口」すれば負けである。柳田国男(やなぎた・くにお)はこの「言葉争い」について「人を傷つけるための弓術が後には怪我(けが)をさせないための競技になったのと同じであります」と記した▲こちらのたんかの切り合いには周りの笑いはない。北朝鮮が米領グアム近海へのミサイル発射をほのめかせば、トランプ米大統領が「見たこともない砲火と激烈な怒り」で応じると口にした。額面通りに受けとれば笑うどころでない▲戦争をふりかざす瀬戸際(せとぎわ)政策で実利を引き出す手口では年季の入った北朝鮮である。片や内外の誰でも気に入らぬ相手にけんかを売るのが「政治」という型破りの米大統領だ。この未知の組み合わせを息をのんで見つめる周囲である▲ここにきて北朝鮮は「米国の行動を今少し見守る」とトーンを落とした。「きょうのとこは、これぐらいで許してやる」というわけか。相手ペースの言葉争いに巻き込まれず、無法者を追い詰める国際社会の結束をリードすべき米国だろう。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
    2. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
    3. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
    4. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ
    5. 元首相秘書官の異様な言い分 安倍首相「知らない」中、「個人の判断」で働きかけたと主張

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです