メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

シリーズ憲法70年 改正論議のあり方

 終戦から72年の15日、戦争犠牲者を追悼し、平和を祈念する式典が各地で営まれた。戦後まもなく施行された日本国憲法は「平和憲法」として国民と共に70年の歳月を重ねてきた。安倍晋三首相が今年5月、「戦争の放棄」と「戦力の不保持」などをうたった9条を中心とする憲法改正を提案してから3カ月余り。憲法をめぐる論議はどうあるべきか。

この記事は有料記事です。

残り4368文字(全文4530文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  4. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです