メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平和と自由を求め

治安維持法が奪った声/下 県内の犠牲者、明るみに 名簿作成に取り組む田辺実さん /奈良

「治安維持法犠牲者名簿」を手にする田辺実さん=奈良市で、塩路佳子撮影

過ち、繰り返されぬよう

 「県内にも犠牲になった人がいる。歴史の中に埋もれた人を明るみにしたい」。治安維持法で弾圧された人の名誉回復などに取り組んできた「治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟県本部」の会長を務める田辺実さん(79)=奈良市=は昨年12月、同法違反で検挙された県関係者らについてまとめた「犠牲者名簿」を作った。計155人の名前や活動の記録が掲載されている。

 名簿の作成を始めたのは2009年。戦時中の新聞記事や特別高等警察の活動を記した「特高月報」などの資…

この記事は有料記事です。

残り690文字(全文922文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです